> カテゴリ
全体
ニュース
雑感
未分類
> フォロー中のブログ
> メモ帳
<横浜ひき逃げ>米軍人の身柄確保 横須賀基地
横浜市鶴見区大黒ふ頭の首都高速湾岸線大黒パーキングで3日夜、「Yナンバー」の乗用車に神奈川県横須賀市の男性会社員(32)がはねられた殺人未遂事件で、米海軍横須賀基地は5日、現場から逃走したとみられる同基地所属の軍人の男の身柄を確保した。

 「Yナンバー」は米軍人・軍属や家族の所有車。県警鶴見署とNCIS(米海軍犯罪捜査局)が共同で捜査し、ナンバーから割り出したこの軍人に、NCISが基地内で事情聴取して身柄を確保した。米軍側は現場に居合わせた同僚の軍人からも事情を聴いたという。

 同署の調べでは、男性会社員と軍人は知り合いとみられる。事件が起きた午後10時55分ごろの直前、2人は口論となり、軍人が乗用車に乗り込むと、会社員が立ちふさがったという。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081006-00000044-mai-soci
[PR]
# by keione1995 | 2008-10-06 23:54 | ニュース
初期消火、避難誘導できず=煙の勢いに「怖くなった」-火災のビデオ店従業員
大阪市浪速区の個室ビデオ店火災で大阪市消防局は1日午後、記者会見し、従業員が結果的に初期消火や避難誘導をできずに店から離れたことや、店内の消火器が未使用だったことなどを明らかにしたそうです。
 


市消防局によると、出火直後、客の1人が店舗受付に「水をくれ。火が出てる。やばい」と助けを求めたそうです。


従業員はいったん店の奥に確認に向かったが、「(煙の勢いに)怖くなって逃げた」といっているそうです。


3人いた従業員は全員自力で脱出したが、避難は呼び掛けておらず、初期消火も行われなかったそうです。 





http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/osaka_namba_fire/
[PR]
# by keione1995 | 2008-10-02 00:34 | ニュース
防衛省内で拳銃2発発射=警備の隊員「弾ないと思った」-東京
30日午後1時50分ごろ、東京都新宿区市谷本村町の防衛省で、中央指揮所入り口を警備していた陸上自衛隊警務隊本部付の男性1等陸曹(44)が持っていた拳銃を壁と床に2発発射した。


けが人はなかったが、壁の配電盤に穴が開いた。1曹は「弾は入っていないと思った」と話しているといい、陸自警務隊は詳しく事情を聴き処分する。


 
防衛省によると、1曹はこの日朝から、同省A棟地下1階の入り口脇にある詰め所で、同僚と2人で警備に当たっていた。


いすに座っていたが、突然立ち上がり、腰のホルダーから拳銃を取り出し、壁に一発発射。


驚いた反動で、もう一発を床に撃った。


翌日に射撃検定があることから、構えや引き金を引く練習をしたとみられるという。 









http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000155-jij-soci
[PR]
# by keione1995 | 2008-10-01 00:17 | ニュース
風車回らず風力発電機低調、早大に2億円賠償命令
茨城県つくば市が小中学校に設置した小型の風力発電機が計画通りに発電しなかったとして、同市が計画を策定した早稲田大と風車を製造した大阪市のメーカーに約3億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。荒井勉裁判長(萩原秀紀裁判長代読)は、早大に約2億円の支払いを命じた。メーカーへの訴えは退けた。

 裁判では、(1)早大側は、同市との業務委託契約に従って適切な計画を策定したか(2)市側は、風力発電事業が実現不可能と事前に認識していたか-などが主な争点。早大側は「市から事業目的など具体的な説明を受けていなかった」と反論していた。

 荒井裁判長は、早大について、「期待される発電量が得られないことや、風力発電機の消費電力が発電量を大幅に上回ることを知りながら、市に説明しなかったことは契約上の義務を怠ったことに当たる」と指摘し、賠償責任を認めた。

 一方、市側についても「担当者は事業が実現不可能と知らなかった」としながらも、「慎重な検討を迫られる材料がそろっていたにもかかわらず、早大側の調査結果をうのみにした」と落ち度を認め、賠償額を3割減額した。

 判決によると、同市は平成17年、早大の策定した計画をもとに、市内の小中学校19校に風車23基を設置。しかし、実際にはほとんどの風車が回らず、予定の4分の1ほどの発電量しか得られなかった。設置費用のうち約1億8500万円は環境省の交付金で、同市は18年、全額返還を命じられた。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000572-san-soci
[PR]
# by keione1995 | 2008-09-29 23:25 | ニュース
43年ぶり和解、イスラエルで公演=P・マッカートニーさん
イスラエルの商業都市テルアビブでこのほど、元ビートルズのポール・マッカートニーさん(66)が野外コンサートを行い、会場の聴衆5万人を沸かせた。


 ビートルズは1965年、イスラエル公演を計画していたが、同国政府が「青少年を堕落させる」と批判したことなどから実現しなかった。

イスラエルの駐英大使は今年、当時の対応を謝罪。43年ぶりの「和解」が成立した。


25日に行われた今回の公演をめぐっても、事前にイスラエルを敵視するイスラム世界から反発の声が相次ぎ、「テロの標的になる」との警告も出た。マッカートニーさんは、公演でヘブライ語とアラビア語のあいさつを織り交ぜ、聴衆に平和のメッセージを送った。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000053-jij-int
[PR]
# by keione1995 | 2008-09-28 22:32 | ニュース
   

ニュースで楽しむブログ
by keione1995
> 最新のトラックバック
ザクの悩み
from 使徒の部屋
> ライフログ
> 検索
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧