> カテゴリ
全体
ニュース
雑感
未分類
> フォロー中のブログ
> メモ帳
> コミッショナー、星野氏のWBC監督断念=最有力候補消え、混迷深まる-プロ野球
来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表監督の人選をめぐり、有力候補だった星野仙一氏が要請があっても固辞すると表明したことについて、プロ野球の加藤良三コミッショナーは23日、「残念なことではあるが、これを受け入れざるを得ない」との談話を発表し、星野氏の擁立を断念する意向を示した。
 

難航するWBC監督問題は、人選を一任された加藤コミッショナーが前回優勝監督の王貞治特別顧問を中心に、楽天の野村克也監督、星野氏らによる体制検討会議を設け、15日の第1回に続き、27日に2度目の会合を開催する。


しかし、北京五輪を指揮した星野氏が候補から消えたことで、今月中とされた監督決定が、日本シリーズ後にずれ込む可能性が出てきた。
 


王特別顧問はこの日、「一番文句が出ないのは日本一チームの監督だろうが、12球団の足並みがそろっていない」との認識を示し、「監督は健康な人がやらなければ選手に神経を使わせてしまう」と自身の再登板の可能性を否定した。


現役監督の就任が可能かどうかも含め、根本的な部分から再検討が必要な情勢となった。 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081023-00000137-jij-spo
[PR]
by keione1995 | 2008-10-23 23:59 | ニュース